本文へスキップ

仙台・岩沼・名取を中心にこだわりの注文住宅を提供しております。(営業エリアは宮城県全域です)

〒989-2433 宮城県岩沼市桜5-3-59

家づくりの達人がおくる本物リフォームaccess

リフォームをする上で大切なこと。

一口で言っても、リフォームとは様々な工法があります。一般的な木造枠組み工法、2×4工法などに代表されるパネル工法、工期が短いプレハブ工法、耐久 性・耐震性がある鉄筋造りなど、いろいろな工法があります。このような色々な工法がある中、リフォーム専門店が全ての工法に熟知しているのでしょうか。確 かに、技術を持った業者もいますが全てがそうとは限りません。私たち、伊藤建設は、これまで新築による住い造りを行ってきました。一から住いを建てるた め、構造なども熟知しています。
今回はこの技術を生かした本物リフォームを提案させていただきます。


トータルリフォームのご案内。

家の構造、工法を熟知している私たち伊藤建設が、お客様の立場にたち、より良い生活を送っていただく為にお手伝いさせていただきます。

耐震リフォーム

1978年に起きた『宮城県沖地震』では家屋の全壊、半壊、損壊などたくさんの被害をもたらしました。そして2011年の「東日本大震災」。日本は地震大国です。被害を軽減できるよう、ご家族の安心するリフォームを承っています。

評価時点(基準) 10年以内 20年以内 30年以内
2001年(平成13年)1月1日
(平成12年11月27日公表) 
26% 81% 98%
2003年(平成15年)6月1日
(平成15年6月11日公表)
39% 88% 99%
2005年(平成17年)1月1日
(平成17年1月12日公表)
50% 90% 99%
※参考資料:地震調査研究推進本部

不安な方は、まず耐震診断を実施する事をお勧めいたします。


増改築

リフォーム工事には単純で誰もが出来る様な工事もありますが、増改築は知識・技術を必要とされます。例えば、2階建てで1部が平屋の住まいがあったとしま す。施主様の希望は「平屋部分も2階建てにしたい」といった内容です比較的ポピュラーな増築ではありますが、平屋と2階建てでは筋交いの必要数、梁の補強 など、しっかりとした知識を持っていなければ耐久力のある増築はできません。もちろん、工事を行う技術も必要です。地震・台風が来たから崩れてしまったで は、増築の意味はありません。
当社はこれまでに600棟以上の住まいを建ててきました。第三者機関による厳しい審査基準もクリアし、全国安心工務店に認定されております。
確かな知識と高い技術による、本物の増改築工事をお客様へ提供させていただきます。


水廻り

水廻りのトラブルは、住まいに生活する全ての人が不便な状況になってしまいます。 毎日のメンテナンスも大切ですが、万が一トラブルが発生してしまった場合は早急な修繕が必要になります。 トラブルは生活を不便にしてしまいますが、逆に修繕・リフォームを行ってしまえば快適な生活を手に入れる事もできます。
・IHクッキングヒーターの導入→効率よく、安全に調理が出来る。
・システムキッチンの導入→収納が楽になる。作業が楽になる。
・ウォッシュレットの導入→快適で清潔なトイレ。
・洗面化粧台 シャンプー水栓の導入→朝の忙しい時間を有効活用。
・風呂リフォーム ユニットバスの導入→各メーカーによる、様々な快適機能があります。


間取り変更

2間の壁を撤去して1間にする方が増えています。間取り変更と言っても、壁を撤去するので「耐震補強」がとても重要になってきます。構造や工法により、撤去してはいけない部分がある場合がありますのでお気軽にご相談ください。
ライフスタイルに合わせた、快適な生活のために間取り変更のお手伝いもさせていただきます!


介護リフォーム

玄関アプローチや階段、バスルーム、トイレなど高齢者が安全且つ、快適に生活をできるように介護リフォームをおすすめしています。各所に手摺りを設置することにより、足腰への負担が軽減されたり、段差を解消することにより、つまずきを防ぐことが出来ます。
大切な家族の安全な生活づくりをお手伝い致します。

浴室 手摺り、段差解消、滑り止めなどで事故の低下に繋がります。濡れて滑り易い場所だからこそ、しっかりと確認する必要があります。
玄関 靴を履き、立ち上がる時には手摺りを、室内に入る時には踏み台の設置がお勧めです。車椅子を利用している方にはスロープの設置がポイントです。
階段
廊下
行きたい部屋に、自由に移動する為に手摺りの設置場所に工夫が必要です。また、段差部分はしっかりと段差解消を行いましょう。
トイレ トイレは一日において、一番利用する回数が多い場所でもあります。その為にも安全且つ快適に利用出来る事をポイントに起きます。通常の手摺りはもちろん、遮断機式手摺りの設置が有効です。またドアはフラットなレールタイプがお勧めです。
寝室
居間
寝室・居間は住宅の中で大部分の時間をすごす空間です。それぞれ部屋の行き来を手摺り・段差解消などでスムーズに行えるようにし、寝床からの移動を考慮する事が大切です。
屋外 安全に外出する為に屋外もスロープや手摺りの設置をお勧めいたします。手摺りは屋外用のお洒落なタイプもございます。